成人向け、男性同性愛表現中心の小説サイト
Index【ヒーロー】【二次創作】【催眠洗脳】【オスケモ】【販売作品】aboutLink| 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

肉体装甲 プロテクター2 最終話裏

身体中が熱かった。熱された鉄のように、全身が固いまま溶けていく。
溶けて、流れて、行き着く先はスーツを押し上げる股間、どろどろと湧き水のように流れ出る。正義の証が、凄まじい快感と引き換えに流れていく。

「ハァ…アァ…うぅ…おぉ」
ついに悪の魔の手に屈し射精をしてしまったプロテクター。ビクビクと、余韻でその逞しい体が痙攣していた。情けなく股間を握ったまま、ゆさゆさと体を上下に揺らして精液を絞っている。
脳内には異常な多幸感が溢れ、正常な思考を奪い、そして壊していく。
その射精の快感を糧にし、支配は急速に全身へ伸びていた。
「ああ…俺は…お、俺は…あぁ゛…はぉ」
焦燥を感じさせる顔からは、後悔の声が絶え間なく流れていた。しかしそれすら、喘ぎ混じりの淫らなものだ。

既に肉棒と睾丸は膨れ上がり、本来完璧にフィットしているはずの股間を窮屈そうに押し上げていた。寄生され、いいように改造されてしまったヒーローの生殖器。しかも、それだけではない。プロテクター自身には分かっていた。
「お、俺の…チンポが…く、くそ…う、ぁあぁ、皮…皮が…ぁ!」
完全に勃起しきった肉棒、それだというのに、伸びきった皮が亀頭に擦れているのだ。皮がスーツとチンポの間でぬるぬると動き、柔らかな快感がプロテクターの肉棒を扱く。太く改造された肉棒は同時に、サイズとはアンバランスなまでの量に皮を伸ばしていたのだ。それは結果、ヒーローのチンポを皮被りの包茎に変えてしまっていた。
どう考えても、何の意味もない改造だ。
ただプロテクターの精神を傷めつけるだけのそれは、既に改造が寄生生物の娯楽の域にまで下がったことを、正義のプロテクターが弄ばられる事を象徴しているようだった。支配者の交代すら思わせるその冒涜に、プロテクターの精神は限界まで責め立てられていた。

「あ、熱い…お、チンポが…あぁぁ…体が…ああ、こんな゛…お…ぉぉお!」
ついに足の先まで根は伸び、首から下は全て悪の手へと落ちた。もうヒーローにに残されたのは、悪を憎み、正義を愛する心、ただそれだけだ。
「さあ、仕上げといくか…」
「ぐ、ごおっ…ぉ…おっ!…かっは、があっ…がぁぁ…っあああ゛あ゛!」
その最後の一片すら残さない残酷な命令。その執行が宣言されると同時に、太く濁った悲鳴が、荒野に反響した。
「これで完成だな。あれだけの力だ、さぞ組織の役に立つことだろう」
「うぐぅっ!お…おぉおご!」
絶叫は一度だけで、後の声は消え入るようなひしゃげたものだった。顔中に深く皺が現れ、声の代わりに口からは大量の涎が糸を引く。
男らしい体が大きく仰け反り、腹を、股間を突き出し、あられもない様相で苦しみを表していた。
全身が雑巾を絞るようにねじくれ、スーツの内側からはミシミシと濁った音が聞こえた。

「安心しろ、苦痛はすぐに終わる。永遠の安息と快楽が待っているぞ、プロテクター」

メキメキと首を伝い、精神へ、脳へと魔の手が伸びていく。
痛みは無く、苦しくもない。肉体の主導権は既に、全て奪われてしまったのだ。しかしまだ恐怖と怒りはあった。だからこそ、この最後の一片だけは守らなければいけない。ヒーローとして、残さなければいけない。
「…た、耐え……あ…!?あぁ、なん…はっ…はひ!ぉお゛…ん…ぁ!?」
唐突に、本当に突然、精液が込みあげた。
射精の筈はない。つい数秒前に達したばかりだ。
「うそ…だ、あ゛…あ…はぁ…ひっ……おっおぅ!」
それなのに、肉棒と尻奥からは次々と絶頂の快感が込み上げて来ていた。
精液を吹き上げ、尻奥が抉れるような感覚がプロテクターの脳を揺さぶる。寄生が遂に、神経を自由に操作するまでになったのだ。

「やめ、やめろ゛!やめてくれぇええ!ああぁ…おか、おかしく!なっちまううう!」
涎を吐き出しながら、ぐっちょぐっちょと音を上げて肉棒を扱き続けるプロテクター。果たして、この手が自由になったとしても、肉棒を扱くのをやめられるだろうか。それだけの快感。
「あぁ…で、出るぅ!で、っちま…あがぁはぁああ」
シゴきまくる右手に幻覚ではない熱が掛かる。ジョロジョロと、皮に擦れた尿道から、小便が流れていた。栓の壊れた肉棒から、出すものは何もかもが出続ける。
ローションでも塗りたくったような派手な音が、正義のスーツから鳴っている。
その情けない感触すら、臭いすら、強烈な興奮を覚えてしまう。

「チン…ポ…お、ぉおおぉお!チンポ、チンポが……!」
ヒーローにあるまじき卑猥な叫びだ。それを鍛えられた大きな腹から、強く大きく叫んでいる。正義の心がひび割れ、瓦解し始めていた。
思考するだけ快感に邪魔が入る。頭を真っ白にして、ただ命令に従いチンポを扱き、ケツを弄るほうが気持ちがいい。
それならば、何もかも手放したい。手放してもいい。
そんな堕ちた思考がプロテクターの脳に満ちていく。
巨大なものに屈するという、思考を塗りつぶすような安堵感。楽になれるという誘惑。何よりも、この極上の快感。

このままではいけない。
いけない。
俺はヒーローだ…。

しかし、
このままでは、イケない。

「おっおおぉ、ああ゛、あ゛あ゛、あ゛ああぁぁああ!!!」
白目を剥き、舌を突き出し、脂汗に顔を光らせながら、男らしい顔が壊れていく。
「壊れてしまえプロテクター。命令に屈し、欲望のままに生きるのだ」
「い゛…あ゛あぁあ゛、いぃ…よ゛…すぎ…て、あ゛あぁあ!」
「そんな惨めな姿、捨ててしまえ。くだらんヒーローの心など、この快感の前では何の意味がある…なぁ」
「す…すげ…あぁ゛!お゛…お゛ほぉぉ゛!!」
「生まれ変われ!そして、跪け!!」
「あぁああ゛!き、き゛も゛ぢぃいいい!!」
びちゃん。
獣のような野太い咆哮、それに続き、音まで立ててプロテクトスーツの形が崩れ落ちた。
「あ゛…?…あ゛…?あぁ……」
人型を失った紫の光沢は、粘着質なゲル状になってプロテクターの岩山のような体を滑る。とろとろと足元に、異様な色の水溜りが出来た。
それこそがヒーローの精神の成れの果てであった。

後に残ったのはただ、荒野に一人、悪人達の力と寄生生物の快感に屈した男。
全裸の狂った雄が一匹だ。
プロテクター…いや、プロテクターだった男は、血走った眼を見開いたまま、轟々と湯気のような息を吐き出し、時が止まったように固まっていた。
その固まりきった表情が、体が、空気に押し潰されたように小さな蠕動を繰り返した。
「ハァ!イク…、イグ…ぅ!すっげ、ああ……、…チンポから……出るぅうう!!」
その体を今度は大きく跳ね上げ、プロテクターの剥き出しの肉棒から、白い種が飛び出した。本能のみのドすけべな台詞を吐きながら、開き落とした股間から、どっぷりと大量に精液が放物線を空に書いた。
どろりと輝く白いそれは、寄生前からあった残っていた最後の精液だった。
男の証を最後の一滴まで、絞り出した。極上の快楽と引き換えに。
「あ゛ー…あ゛ー…すっげ…ああ、俺、あほんなっぢま…ぁぁ…うぅぅ」
くたびれた犬のようにでろんと舌を口からはみ出し、壊れた顔の頬が釣り上がる。涎がつぅと分厚い胸に落ちた。言葉通りの間抜けな顔だ。

寄生の根は、ついに脳を完全に掌握した。最後の汁まで吐き出しながら、それを気持いいと叫んでしまったプロテクターに、もうかつてのヒーローの精神は残っていなかった。

「あ…もっど…ほしい…ああ……改造…ほし…、寄生…されでぇ…!」
射精から数十秒。
蕩けたプロテクトスーツがテープの逆再生するように、果てたばかりの肉体に戻っていく。滑らかに表皮を覆い、包茎を包み、首の先までぴっちりと包み込んだ。

しかし、そこに現れたのは、正義のヒーロープロテクターではなかった。

よく見れば違いが分かるだろう。
紫色のスーツはやや深く黒い色が混じり、濁ったような色合いに変わった。
元々全身を締め上げていたスーツの厚みは、さらに薄い形に生まれ変わった。あるいは裸以上に卑猥に、プロテクターの逞しい肉体を包みこむ。
大きくどっしりとした尻の谷間、その奥にまでスーツが潜り込む。二つのでっぷりした双丘を分け、ぶるんと色付きの尻が卑猥に輝く。
股間は肉棒を強調するように、股の細かな隙間にまで入り込む。包茎の皮の位置まで分かるような、巨大な影がヒーローらしいスーツに浮かんでいた。


「はぁ!はひっ…ん!…おぉ゛!………、お……お…………」
新たなスーツが全身を覆った瞬間、極楽といったような間抜けな笑みは、明かりを消したかのように消え去った。ガニ股にチンポを突き出していた体は、定められたたように直立に体を伸ばした。

感情を無くした人形のように佇むプロテクター。その周囲に、光の柱が数十と差し込んだ。幾度と無く見てきた、戦艦からの移動機構だ。
その光の柱を通り、黒い影が幾つも地面へと辿りつく。組織の幹部、怪人、戦闘員達。それがプロテクターの体を囲いぞくぞくと集まってくる。
そんな危機的状況だというのに、プロテクターは戦おうとするどころか、反応一つ見せはしなかった。しかし、
「…挨拶はどうした、プロテクター」
そんな人形が、たった一つの声に弾かれ姿を変えた。
電流が流れたように体が震え、目には光が戻り、発した男に向き直る。男らしく四角い顎が開くと、声を発した。
「…あぁっ、も、申し訳ありませんっ!」
そうして返した言葉は、全くの別もの。目に戻った光は、黒く濁ったものだった。
「お…俺はぁ…変態ヒーロー…プロテクター!これ…より…組織に永遠のぉお…!忠誠を誓いますぅぅう!」
体を乗っ取られた時と同じように、右手を上げ、左手を体に付けて敬礼する。
しかしあの時無理に取らされていた形は違う、完璧なものとなっていた。
声も姿も、悪の組織への心酔で満ちていた。頬を吊り上げ目を輝かすその表情は、服従する喜びでいやらしい笑みを作っている。
その顔に、正義の心は何処にも見えはしない。

「き、寄生していただき、ありがとう…ございますっ、はぁ…おぉぉ、たまんねー快感で、ああ、もう…最高の気分っす!」
腰を前後左右にめちゃくちゃに振り、肉棒をスーツの中で弾けさせて見せる。淫乱である事が当然であり、それこそが今の彼の正義である。そう教育されたのだ。頭に根を張る生物に。
「今までの…無礼、どうぞ…お、お…お許しおおおぉおぉ……」
謝罪をしながらも、両腕は自分の体を慰めていた。
ぐちゅぐちゅといやらしい音がスーツから溢れ、悪の組織の下で晒し者になる。腰を突き出し、肉棒を目立たせ、それでも吊り上げ笑う姿。そこにはもうまともな知性すら感じさせない。

「変態ヒーローめ、そうしてスーツに性器を擦り付けるのが好きなのか?」
「あ、ああ…あ、そうっす…、俺は…、チンポが気持ちいのが…大好きなド淫乱で…!正義のスーツもこんな風に…チンポ…!チンポに…!擦れて気持いいように改造…しましたぁぁ…!」
「それだけじゃないなあ、なんだその薄さは」
「う、ウッス!俺は…露出狂の変態で…!もっと体を見てもらいたくって、こんなぁ…喰い込む形にかえちまったっすぅ!」
悪を倒すため、己の身の危険も投げ打った改造すらしたスーツ。それが今では、センズリの道具と、自分の体をいやらしく誇示する道具へ成り下がっていた。
「ふん、お前のような色情狂にはぴったりだな」
「あっふぅ…ああぁっぁ、ありがたきお言葉…!」
蔑み罵る言葉に、変態と化したプロテクターは甘い溜息をついた。光栄至極といったように顔と声を高揚させ、太く大きなガタイを見せつけるようにポージングをする。
強靭に鍛え上げた力瘤が盛り上がり、突き出した股間は息するようにピクピクと蠢き、霜降りの分厚い腹が震えて跳ねた。汗と精液にまみれた全身からは、ツンと鼻に刺さるようなキツイ獣臭さをさせていた。
「え、…っへ、見られて…見られてるぅ゛…」
眼で犯される悦びに目覚めたプロテクターは、全身のスーツをギュウギュウとさらに縮めた。筋肉と脂肪でたっぷりと膨らんだ尻が、スーツの中で弾けて蠢く。
スーツの中で窮屈そうにしていた肉棒は、突如として生えるようにスーツから飛び出した。スーツが溶けた訳ではない。完璧な反りを見せつつも、紫色の光沢をテラテラと残していた。まるでボディペイントのように、肉棒に張り付くよう生まれ変わったのだ。
「あ゛あぁ゛!おっほうっ!!…はぁーっ…ぁぁっ、チンポォォおお゛…」
睾丸と肉棒に完璧に合わさり卑猥そのものとなったプロテクトスーツ。しかしそれだけではない。極薄のスーツは、まるで搾乳機のような動きで中の肉棒を扱き上げ始めた。

「ああぁ!チンポ、チンポぉ!出るっ!出るぅっ!」
どろどろと先走りまみれの先端から、白くとろけた精液が染みて流れた。小便を漏らしたような勢いで飛び出た子種は、肉棒を伝い、太ももへ流れ、下半身をより情けなく彩っていく。
「ああ、なんて卑猥な格好だ、これがかつての正義の味方か」
「ギャハハ!チンポ丸出しじゃねえか!!」
「は、恥ずかシィっ!たまんねーぇえっす!……おぉ゛っ!!もっと…ぉ!もっと淫乱になり…でえ!」
しかしそれでもまだ足りない。
プロテクターは大きな尻をグイと深く突き出した。ガニ股のまま尻を突き出す情けない格好で、尻のスーツが蠢き、再び形を変える。
尻の中にまで食い込んでいたスーツが、さらにぐちゅぐちゅと奥深くにまで潜り込む。それは、いうなればディルド状に変化していた。
「おっほ!たま…んねえ…ぇ゛!淫乱スーツたまんねぇえよぉおお!!」
プロテクトスーツにぐりぐりと前立腺を押し潰され、プロテクターが白目を向いて射精する。
背徳感はもうない。淫乱でいることへの使命感すらあった。
腕は頭の上に置き、肉体を見せつけながら、太い腿と股間を振り続ける。
尻も股間も胸も、身につけたスーツ一つに犯されるのだ。命令とあれば、死ぬまで腰を振りながら果て続けることだろう。快楽に雄叫びを上げながら。

「気持ちわりいオヤジだなあ!!」
狂ったようにスーツでオナニーをする堕ちたヒーロー、そのビンビンに盛り上がった股間を怪人が蹴り上げた。
「んっお!……が…、ぁあ゛……ハヒ…ィ…すいば…せ…」
膝を付き、広い肩が地面に埋もれる。顔を地に着けながらも、プロテクターはうわ言のように何度も謝罪の言葉を繰り返した。
尻を踏まれ、横っ腹を蹴られ、しかしそれでも快感に狂っていた。
「も、もっと…ぉ!もっと下さいぃ…怪人様ぁぁああ…!」
怒るどころか、尻を踏まれればより奥にまでスーツに犯される事を知ってしまったプロテクターは、尻を高く突き上げ足を望んでいた。
屈辱も、痛みも、全てが悦びへと変わっていた。


「さあこいプロテクター、お望み通り、最高の改造をしてやろう」
「あ、ああっ、あああ、ありがたきっ、幸せ…!」
先ほど怪人と幹部を運んだ光の柱が、今度はプロテクターへと伸びた。どっしりとした体から重さが消え、大きな風船のようにその体が浮かび出す。
「じっくりとお前を料理した後に、世界征服の再開といこう」
その言葉にも、既に何の反応も示さない。
正義の熱き魂は脳から消去され、今あるのは己の肉欲と、組織への忠誠。
「あぁ、もっと、もっとぉぉ…奴隷ヒーローになりてえっすぅぅ……」
そして、次の改造への希望で満ち満ちていた。


その後、組織は世界征服を再開。
幾度も世界を守ってきたプロテクターが現れることは二度となかった。
代わりに、組織の船の一隻に歪なオブジェが追加されていた。
それはなんとも卑猥な形の像だった。
「みんな…あぁあ、俺の…淫乱ヒーローな、俺を…見てくれぇぇえ……えひ、えひっ」
世界中に情けない姿を晒し、肉棒をいきり勃たたせ、体中の穴という穴から汁を垂らし続ける淫乱像。それが、かつて組織の敵として、何度も戦い抜いてきたヒーロー。その末路だった。
組織の気の向いたときに降ろされ、肉奴隷としてチンポ漬けになり、そしてまた道具のように船の上に晒される。その繰り返し。

しかし淫乱へと変わったプロテクターの顔は、常に快感と幸せに満ちていた。
「ああ゛ぁ、あ゛ひ、あひっひ……、最高…だぁ…゛」
プロテクターは己の戦っていた組織の調度品と、性奴隷として、守るべき世界をただ見下ろして興奮していた。
以前の使命を思い出す事は、もう永遠にない。



  1. 2010/12/31(金) 22:54:52|
  2. 【ヒーロー】|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。